>  > HIROコーポレーションさん(新潟)のご紹介

HIROコーポレーションさん(新潟)のご紹介

インタビュー

 

クラフトマン歴は何年でしょうか?


レッスンが主体で、元々テニスのプロとしてレッスンを行っていました。 ゴルフレッスンも30年以上の経験があります。 工房はレッスンの流れとして始めました。 ワークスの教室に通い平成18年に免状を取りました。 ANPGA-(社)全日本レッスンプロ協会に所属しており、宮里優氏、石川勝美氏も同会員で宮里優会員とは同期です。

 

 

どのようなお客様が多いですか?

クラブ、シャフトのフィッテイングは生徒さんだけにしか行いません。 つまりスウィングの分からない方のフィッテイングは出来ないからです。 テニスの場合、上、中、初級のレベルはガットの張り方で合わせる事が出来ますが、ゴルフの場合はパラメーターが多く、且つ14本ある。 あくまでも生徒さん向けフィッテイングで、これは製作後、その場で合う合わない、を直ぐに見る事が出来、調整も可能です。 

スィングは大まかに言って、手打ちと体の捻転で打つ(スィングタイプ)の二通りに分けられると思います。 このスィングを知らないと適切なフィッテイングは出来ないと思っています(フィッテイングと云うよりむしろマッチングか)。 フジクラのシャフトはこれが出来る、生徒さんにより良いフィッテイングをする事が可能 - 良いものを作り続けて欲しい。 

来られるお客様は中級(普通の方)が多く、フジクラのシャフトでは概ねRフレックスで対処出来ます(しっかりしている)。

 

 

 

リシャフトはいつから始められたのでしょうか?

物品税が廃止になった頃からリシャフトが多くなった印象です。フジクラのシャフトはがジャンボ用のシャフトとしてテーラーメイドに使用されたり、リシャフト用にゴールドの色HMシャフトが出て来て扱うようになった。

 

お仕事へのこだわりを教えてください。

ゴルフは「母性」が大事、母性というものは理性と感性で成り立ちます。 理性は厳しさを表し、ゴルフではルールに代表されます、またクラブ作りに欠かせないものです。 感性は共感性で優しさを表します、ゴルフではマナー、エチケット。 この二つでゴルフプレイが成り立ちますし、しっかりした母性が無いと指導者にはなれないと思います、生徒との間での信頼感の醸成に必ず必要なものです。

 

作ったクラブは大事に扱い生徒さんに手渡します。 簡単な修理(グリップ交換でさえ)でもヘッド、シャフト、グリップはきれいに拭いてから渡します。 製作したクラブは神棚(写真)に供え二礼二拍した後お渡しします。 そして渡すときは「心」を込めて「必ず(心プラスノを入れて)上手くなるよ」と言って手渡します。 全てに於いて出来るだけきれいに扱う事を信条としています。 クラスの打席も古いものですが汚れて良いものではありません。 これは「親しい」が「なれなれしい」のと違うように、古くても丁寧に扱うことが大事だと思っています。

 

フジクラシャフトの印象は?


ビルとそこに住んでいる人間、と云う目から見ると、中から外を見ている感が強い、時々は屋上または外からビルを見て見たらどうでしょうか。まあ客目線と云う所でしょうか。 「得意先」と云う漢字が好きです、客(生徒)の意(心)を得る、と云う事ですよね。

 

 

 

 
 

 

ショップ名:
㈱HIROコーポレーション
住所:
新潟県新潟市中央区女池神明3-8-2
電話:
025-374-6450
営業時間: 不定 (レッスン主体で平日は午後~夜、土曜日は朝~夕方)
定休日:
日曜日

コメント

関連記事

岩槻オルゴゴルフガーデン(埼玉県)さんのご紹介

岩槻オルゴゴルフガーデン(埼玉県)さんのご紹介

フジクラゴルフクラブ相談室 中野店(東京都)のご紹介

フジクラゴルフクラブ相談室 中野店(東京都)のご紹介

アコーディア・ガーデン甲子園浜 Golf revo-ゴルフレボ(兵庫県)さんのご紹介

アコーディア・ガーデン甲子園浜 Golf revo-ゴルフレボ(兵庫県)さんのご紹介