<![CDATA[フィット オン コミュニティ]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/ Wed, 18 Jul 2018 09:58:44 +0900 Mon, 22 May 2017 18:57:33 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[岩槻オルゴゴルフガーデン(埼玉県)さんのご紹介]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2017/05/22/118 インタビュー

 

開店してどのくらい経ちますか。

1991年オープンです。昨年25周年を迎えました。

 

お店のコンセプトについて教えて下さい。

練習場のインショップです。他にも充実したレッスンプロによるスクールも強みです。

レッスンは女性やジュニアも多く、特にジュニアに対してはJGRA ジュニアゴルファー検定委員資格者が在籍しており、積極的に取り組んでいます。

お客様は、やはり練習に来られる方が多いですね。年齢層も30~60歳代と幅広いです。

試打クラブも勿論置いていますが、対象が広くカバーできないので、定期的にパーツメーカーとの試打会を行うことでお客様の満足度を継続するように心がけています。

 

仕事へのこだわりについてお伺いしても宜しいですか?


練習場に来られるお客様に関しては、特に継続したお付き合いをする場合が多いですね。

グリップ交換などの定期的なメンテナンスは勿論のこと、リシャフト後の微調整やロフトライ調整などクラブ全体のフォローを行っています。

また、コアなお客様への要望を満たすためにパーツヘッドの取り扱いも行っています。現在は主にEPON、カムイ、RomaRoを取扱っています。

 

Fujikuraシャフトの印象について教えて下さい。

以前は、あまり積極的に勧める感じではなかったのですが(笑)、最近はEVOLUTIONシリーズの要望が多くなってきたのは実感としてあります。

商品の特長がハッキリと説明されていて、良い意味で商品が絞られていますのでフィッティングするのも、またお客様に提案もしやすいですね。

また、アイアンの製作も割と多いのですが、重量展開が豊富でスチールからの移行もすんなりできるMCIはお勧めしやすいですね。EPONの試打クラブがありますが、それぞれのモデルにMCIの各重量帯で置いてあります。

 

最後にお客様に一言お願いします!

ゴルフクラブの修理・メンテナンス・調整は私達にお任せください。値段以上の満足感をお約束致します!

後悔はさせません!

クラフトマン 樋下田雅之 様

 

 

 

ショップ名:
岩槻オルゴゴルフガーデン
住所:
〒339-0077 埼玉県さいたま市岩槻区馬込1125−1
電話:
048-758-0055
営業時間:
詳細はホームページをご覧ください
 
]]>
Mon, 22 May 2017 18:57:33 +0900
<![CDATA[フジクラゴルフクラブ相談室 中野店(東京都)のご紹介]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2017/04/13/117 インタビュー

 

まず、お店の特徴を聞かせてください。

フジクラゴルフクラブ相談室

フジクラゴルフクラブ相談室は現在カタログに出ている全てのスペックが試打していただけます。

専門のフィッターがお客様に合う1本を選び出し、打ちやすいクラブをお渡ししています。専属プロによるフィッティング&レッスンも行っています。

ではフジクラゴルフクラブ相談室の成り立ちを聞かせてください。

19年前の1995年1月に世田谷店が第1号店としてオープンしました。

2016年2月22日をもって、第1号店である世田谷店を閉店して、ここ中野店を新店としてオープン致しました。

現在は、関東は中野店、木場店、関西には大阪店、2016年には中京地区に名古屋店をオープンしました。

形態は違うのですが、フィッティングできる施設として、神奈川県の藤沢市の藤沢ジャンボさん内で、”Fujikura FIT ON LABO FUJISAWA”も2015年12月にオープン致しました。

 

19年前というとどのようなシャフトがあったのでしょうか?

私も在籍していたわけではないのですが、Flyrun、SLK、PROSシリーズが中心モデルでした。
スピーダーシリーズはその1年後に発売になりました。当時はクラブヘッドもチタンヘッドに徐々に移行していた時期ですね。

 

 

そんな歴史のある相談室ですが、どのようなお客様が多いのでしょうか?

もちろん新製品を打ってみたいという方もいらっしゃいますが、どんなシャフトがあっているのかを知りたいというお客様が圧倒的に多いですね。
近年は女性のお客様やジュニアゴルファーも増えています。

 

実際はどのように合うシャフトを選ぶのでしょうか?


まずお客様のクラブを計測し、お悩みなどを聞きながら実際にご自分のクラブを打っていただきます。
スイングのタイミングを見たり、計測器の数値を見たりして合うシャフトを絞っていきます。キックポイント、硬さ、重さ、スピード感などが違う様々なシャフトから最適な1本をご提案します。

 

 

かなりの本数を試打するのでしょうか?


ほとんどのお客様はご自分のクラブを打っていただいている5~6球の間に、フィッターが見ておおよその見当はついています。

200種類以上の試打クラブがありますが、そこから4~6種類くらいのシャフトを打っていただきます。

もちろん合ったシャフトだけでなく、確認のために打ちにくいと思われるものも打っていただいて、振りやすい、打ちやすいシャフトを体感していただきます。

シャフトの違いはわかるものですか?


細かいフィーリングやシャフトの特性までわかる方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は振りやすい、打ちやすいと思っていただける1本が見つかると思いますよ。

 

 

フィッティングを受けた後はどのような流れになるのでしょう?


なぜこのシャフトが合っているのか、どのようなスペックがおすすめかなどはご説明させていただきます。もちろんお客様の使用しているヘッドにリシャフトすることも可能です。

お客様のスイングに合ったクラブになるように、ヘッド形状などを考慮して打ちやすいクラブを作ることを心がけています。

実際にコースなどで使用してみて、思ったような結果が出なかったお客様には再度調整をさせていただいております。

 

では最後にリシャフトを考えているお客様に一言お願いします。

リシャフトというとドライバーを思い浮かべる方が多いと思いますが、FW、UT、Ironもシャフトを替えることで打ちやすいクラブへと変身します。
ご来店の際にはキャディバックごとお持ちいただけるとセッティング全体の流れもチェックさせていただいています。
フィッティングのご予約は電話またはHP上で受け付けておりますので、皆様のご来店をお待ちしております。

ゴルフが好きな方!ゴルフを今以上に楽しみたい方!

上手い、下手は関係ありません!!

どなたでもお越しください<m(__)m>

 

※中野店に関する注意※

お車でのアクセス:山手通りから入り、一つ目の信号を左折。そのまま坂を上っていただき、坂の頂上に着いたら、左折。一つ目を左折。坂を下った左側に無料駐車場のご用意をしてあります。

入口:日曜日・祝日がビルの正面玄関が開きませんので、脇の入口よりご入館下さい。エレベーターで3Fまでお越しください。

 

ショップ名:
フジクラゴルフクラブ相談室 中野店
住所:
〒164-0013 東京都中野店弥生町1-9-8
電話:
03-6682-7111
営業時間:

平日 10:00 ~ 19:00 / 土日祝 10:30 ~ 18:00

定休日:水曜日、第3木曜日

ホームページ:

中野店

その他のフジクラゴルフ相談室

木場店

〒135-0042
江東区木場1-5-10
深川ギャザリア内プラザ棟4階
TEL:03-5857-2600

大阪店

〒562-0035
大阪府箕面市船場東1-11-16
Y'sピア箕面船場 8F
TEL:072-749-0710

名古屋店

〒460-0017
愛知県名古屋市中区松原3-7-15

TEL:052-321-5777

]]>
Thu, 13 Apr 2017 16:10:06 +0900
<![CDATA[アコーディア・ガーデン甲子園浜 Golf revo-ゴルフレボ(兵庫県)さんのご紹介]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2017/03/03/116 インタビュー

 

開店してどのくらい経ちますか。


7年前のアコーディア・ガーデン甲子園浜のオープンと同時にショップもオープンしました。

 

お店のコンセプトについて教えて下さい。

アコーディア・ガーデンのインショップという利点を活かしクラブのカスタマイズに力を入れております。各メーカーカスタムシャフトの試打クラブや取扱いのある地クラブのヘッドパーツやシャフトの試打クラブを豊富に取り揃える事で、練習に来られたお客様や購入を検討されているお客様に試打をしていただき性能を体感いただく事ができます。

また、各クラブメーカーやシャフトメーカー、パーツメーカー主催の試打会も定期的に行っておりますので、ご贔屓のメーカーの最新クラブを試打いただけます。

店頭でも一押しスペックを並べておりますので、気になるクラブの試打があった際はすぐにでもお試しください。

ショップも広く、小物グッズやシューズ、アパレル等多くの品揃えをしておりますので、是非お立ち寄りください。営業時間もショップは22:00まで営業しておりますので、急に必要なグッズもご購入いただく事ができます。

工房は皆様にお声かけいただけるよう吹き抜けになっておりますので、グリップ交換や作業を依頼しやすい環境となっております。


 

仕事へのこだわりについてお伺いしても宜しいですか?


担当クラフトマンは以前、某メーカーでツアーレップ15年の経験があり、クラブのクラフト経験が豊富です。お客様にあったクラブの重さや、バランス、長さなど細かな調整を心掛けています。

また、お客様との会話を重視し、お悩みや求めているニーズを的確に把握する事を心掛けていますが、その中ではやはり「飛距離」に対する悩みを持っていらっしゃる方が多いですね。

 

Fujikuraシャフトの印象について教えて下さい。

Fujikuraシャフトの印象はやはりブランドの信頼度が高い。

EVOLUTIONシリーズはお客様の認知度も高く、またシャフトも非常に評価されている。各EVOシリーズの特性も違いがはっきりしているので、お客様へのフィッティングにも使いやすい。

Woodシャフトだけではなく、FW用、UT用、Iron用など多くのゴルファーへ対応するアイテムがあるのでお客様へも進めやすい。

MCI BLACKのコンセプトも非常に興味深く、今までロングアイアンを苦手とされていたお客様へお勧めしやすくなりました。ショップでもMCI80BLACKとMCI100BLACKの試打をご用意しております。

MCI Wedgeの評判も上々です。

 

 

一押しセッティングを教えて下さい。


Golf revoお勧めセッティング

ドライバー:EON SPORTS GIGA HS 797 × Onyx Speeder 5-SR

→弾道も強く、安定感が高い。飛距離も出ます。

最後にお客様に一言お願いします!

インショップですので、練習の合間に是非お立ち寄り下さい。また、クラブにお悩みの方は是非当店スタッフへお声かけ下さい。スタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

チーフクラフト 新井 五三男 様

 

 

 

ショップ名:
アコーディア・ガーデン甲子園浜 Golf revo-ゴルフレボ
住所:
〒663-8155
兵庫県西宮市甲子園浜1-7-2
電話:
0798-48-8688
営業時間:
9:00~22:00 (工房 11:00~20:00)
定休日:
無休
ホームページ:
 
]]>
Fri, 03 Mar 2017 16:58:52 +0900
<![CDATA[GOLF LAB(大阪府)さんのご紹介]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2017/02/01/115 インタビュー

 

創業は何年ですか?


開業したのは2010年の3月なので、もうすぐ7年目を迎えます。もともとは、あるツアープロのキャディーをしていました。ツアー会場では、毎週何かしらトッププロがクラブの調整を行っており、自分専用にカスタマイズしてクラブを使用している現場に見慣れていたので、それが普通だと思っていました。しかし、一般アマチュアがショップで購入したものをそのまま使って苦戦している状況を目の当たりにしたとき、これではいけないと思い立ったことがきっかけです。そこからゴルフショップでクラフトマンをしていたのですが、より深くクラフトやフィッティングを追求したいという思いから、独立し店名もゴルフを研究するという意味を込めて『GOLF LAB』と名付けました。

 

どのようなお客様が多いですか?


客層は本当に様々です。ツアープロや競技アマ、100切りが目標の方など幅広いですが、当店に通われる方はゴルフへの情熱が総じて高いのではないか、と感じます。レベルに関わらず、飛ばしたい・上手くなりたいという要望をサポートするための設備は万全です。ゴルフというスポーツは、非科学的な考えや習慣だったり、何となく伝わるフィーリングでのクラブ選定などが今でも多いように思います。しかし私は、そういった部分を極力排除しゴルファー毎に違うスイングをデータで分析して、何故このクラブを推奨するのかを明確に答えるようにしています。

 

仕事へのこだわりについてお伺いしても宜しいですか?


お客様の希望と推奨クラブのマッチングを意識して、決して売りたいものを売る店にならないように心掛けています。丁寧に組み立てることはもちろんですが、科学的な根拠と事実に基づいたクラブづくりを大事にしています。当店は見てのとおり、1打席しかありませんが奥行で10ヤード以上あります。これは当店の計測器であるフライトスコープの特性をフルに活かし、お客様にものびのびとスイングしてもらうためでもあります。また、スイング解析にはモーションキャプチャーで100分の1mmまで解る、『GEARS』を用いたフィッティングによってどういったシャフトが合うのか、なぜそのシャフトが合うのかということまで答えられるようになりました。そして先入観を排除してフラットな気持ちでフィッティングを受けてもらえるように、ほとんどのシャフトを真っ黒にしてモデルが分からないようにしているので、本当に何が合うのか客観的に判断できます。

 

 

Fujikuraシャフトの印象について教えて下さい。


本来はここで一押しをお答えするべきなのですが、当店の方針上そういった回答ができません。しかし、ツアープロに支給しているものと変わらないものを市販してくれているので、製品に対しての信頼性が高いメーカーさんだと感じています。

店主からのメッセージ

当店はショットだけでなく、アプローチやパッティングなども計測器を用いてフィッティングをすることが可能です。ただ何となくクラブを選ぶのではなく、根拠に基づいてお薦めすることが私の使命であり、クラブ以外にもスイングやボディーケアのメソッドも習得し、トータルでゴルフをサポートできるように全力でお応えしています。ゴルフをする中で、原因が解らず上手くいかないことは多々あると思いますが、その理由がどこにあるのかを突き止めるための設備や知識には自信が有りますし、今でも研究を続けています。ゴルフをもっと突き詰めたいという方も、初めて買ったクラブが自分に合っているのか知りたいという方も、気兼ねなく足を運んでください。

 

ショップ名:
GOLF LAB
住所:
〒572-0815
大阪府寝屋川市河北東町1-16
電話:
072-380-3337
営業時間:
火曜日~土曜日 10:00~19:00, 日曜日・祝日 10:00~17:00
定休日:
月曜日、第2・4日曜日
 
]]>
Wed, 01 Feb 2017 00:00:00 +0900
<![CDATA[Geo Labo-ジオラボ(千葉県)さんのご紹介]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2017/01/10/112 インタビュー

 

開店までの経緯を教えて下さい。


以前からジオテックゴルフ本社ビル1Fにてショップ展開していましたが、フィッティングスペースが無く手狭だったことと、工房支援の為の研修施設の設置を目的に、2016年10月21日に新しくオープンしました。

 

お店のコンセプトについて教えて下さい。


2階建てのショップとなっていて、1階が受付、展示スペース(物販)と工房があります。工房はお客様からもガラス越しに見えるようにしています。2階は、フィッティング打席と工房研修用施設を備えています。

フィッティングは、最新の弾道計測器を完備していますのでボールの弾道計測のみではなく、スイング軌道の解析なども可能です。さらにティーチングプロによるレッスンのサービスも行っています。

これから工房を開業したい方や、さらに腕を磨きたい方々へ向けたサービスとしての工房研修は、従来からも行っておりましたが、Geo Labo開業に伴い、専用のスペースでの研修を行うことが可能となりました。マンツーマンでお客様のご要望に応じた研修を親切丁寧に行います。
試打スペースを充実させることが可能となりましたので、幅広い試打クラブを揃えています。アイアンもMCIなどは、7番のみではなくてフル番手でご用意しています。

ヘッドはジオテック製品にとどまらず、PRGRのTuneも試打および購入が可能です。フットジョイのシューズ、キャディバック、グローブも揃え、シャフト・グリップも多くを用意しています。

外観も店内も白を基調とした明るい雰囲気で統一し、入りにくい印象を抱かれないように工夫しました。

 

仕事へのこだわりについてお伺いしても宜しいですか?


私自身が、ティーチングプロの資格を有していることもありますが、「クラブとスイングの融合」を重視したフィッティングを心がけています。お客様との対話の中から悩みを一緒に共有して、結果が得られるように、ユーザーフレンドリーの関係性を持っていきたいと思います。

また、最新の計測器がありますので、ボール弾道からスイング軌道とインパクトパスのデータまで見ることができますので、クラブを変えることでどのようにデータが変化するかを説明しながらフィッティングすると、お客様も納得されることが多いですね。

 

Fujikuraシャフトの印象について教えて下さい。


当店では、ご希望のお客様に対してはMOIフィッティングで組み立てを行います。その良さを体感していただいたお客様の多くは、実際MOIフィッティングで組み立てられるケースが多いです。その場合、各パーツの品質公差が重要となってきます。MCIは、アイアンシャフトの中でも各番手のバラツキが非常に少ないのでクラフトマンの立場からすると非常に助かります。100gを超えるシャフトを推奨する場合はNSのMODUS、それ以下の重量の場合はMCIでほとんど決まってしまいます。

また、MCIが発売されてからはドライバーからアイアンまでのフルセットでお勧めしやすく、また結果も出るので幅広い重量帯を揃えていて、かつバラツキの少ないMCIが活躍しています。

ドライバーは、EVOLUTIONⅢが発売されてからはそちらをメインに勧めることが多いです。計測器のデータも出やすいですし、対応幅が広い印象ですね。

 

一押しセッティングを教えて下さい。


アベレージゴルファーへのお勧め

ドライバー:Geotech GT 615 Black × Speeder 569EVOLUTIONⅢ-R

アイアン :Geotech GT FORGED I-215 × MCI60-R

 

シニアやレディースゴルファーへのお勧め

ドライバー:QUELOT Aerial α-SPEC 168 × ZERO Speeder

アイアン :Quelot Aerial Forged CNC Iron × Air Speederアイアン

 

最後にお客様に一言お願いします!

明るく入りやすいゴルフショップ、フィッティングスタジオを目指してオープンしました。是非お気軽にフィッティングにいらしてください。スタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

店長 赤澤一洋さま

 

ショップ名:
Geo Labo-ジオラボ
住所:
〒260-0001
千葉県千葉市中央区都町2-27-5
電話:
043-386-1081
営業時間:
11:00~19:00
定休日:
毎月20日、年末年始
 
]]>
Tue, 10 Jan 2017 13:26:27 +0900
<![CDATA[Drop&Spin custom plus(東京都)さんのご紹介]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2016/12/05/111 インタビュー

 

開店までの経緯を教えて下さい。


工房を開くまでは、約20年前から17年間ほどアパレルショップをこの場所で経営をしていました。ゴルフ好きが講じ、7年ほど前から某ゴルフショップで掛け持ちしながらクラフト経験を積み、2年半前からゴルフ工房として再オープンをしました。

今ではもう販売していませんが、アパレルショップ時代には、もっとゴルフでも普段用でも使えるような帽子やシャツなどがあれば良いのにと思い、オリジナルで作って自分のショップで販売していました。

(クラフトの)下積みを重ねて行くと、自分を目当てに来てくれるお客様が増えるようになり、自分の企画で60人規模のコンペも開催できるようにまでなりました。

当時のお客様が、独立した今でも来店して頂く事もあり、そのお客様が別の方を紹介して頂いてネットワークが広がっているので、非常に感謝しています。

 

お店のコンセプトを教えて下さい。


元アパレルショップの強みを生かし、とにかく従来のゴルフ工房のイメージとは全く違うお店作りを意識しました。以前からバイクが好きだった事もあり、内観はレンガ調の壁やエキスパンドメタルを使ってアメリカンなテイストにし、外観はEVISUジーンズやRough&Swellなどの普段使いとしても使えるようなアパレルをウィンドウディスプレイにして、来店されたお客様がワクワクするような雰囲気にしました。

おかげでアパレルショップと間違われて入店される事もしばしばありますが。

もちろん、見た目だけではなく、推奨する様々な地クラブメーカーのセッティングによる本物の違いをお客様に実感として感じて頂けるように試打クラブも豊富に用意して、一人一人のお客様に最適な提案が出来るようにしています。

 

仕事へのこだわりを教えて下さい。


何よりお客様とのコミュニケーションを大切にしています。

いわゆる通信販売とは異なり、お客様によってそれぞれ要望や悩み、症状は異なっています。そんなお客様に対し、医者のようにできるだけ丁寧にヒアリングし、自分の考えを押し付けないようにして、お客様が心の底から納得して商品を購入してもらえるようにしています。

また、購入して頂いて終わるのではなく、練習やラウンドにも積極的に同行し、アフターケアをしっかりと行う事を心掛けています。

全てのお客様に対し、1社のメーカーの商品で完璧な結果を出す事は出来ないので、様々なメーカーの商品の試打クラブを作って、実際に自分でもテストして提案する目安にしています。とにかくクラブを組むだけでは終わらせない事を重視しています。

 

成功事例として思い出にあることは何ですか?


色々とありますが、最近の出来事だと、つい2か月前に知人の紹介で男性のお客様に来店して頂きました。ゴルフ歴も長いお客様だったのですが、今までクラブは吊るしの商品しか買った事がないとの事だったので、まず15本くらい試打クラブを持って練習に同行しました。

最初はドライバーだけの購入でしたが、大変気に入って頂き、その後すぐにFWからアイアンまで全てを揃えて頂いた。

その後、ベストスコアも更新したとの報告もお客様から頂き、自分も大変嬉しかった事を覚えています。

また、少し話しは逸れますが、自分が所属するメンバーのコースで月例にも参加をしているのですが、とあるメンバーのお客様が(自分がいないラウンドで)ドライバーを打ち、その飛距離を見たキャディさんが「武さんの所で替えたの?」と話題が出て、その話題が新たなお客さんを呼んで頂いたりして、想像もしない形で評判が広がっている事は大変嬉しく思っています。

 

Fujikuraシャフトの印象について聞かせ下さい。


正直、少し前までは他社のシャフトを薦めていた事もあり、Fujikuraシャフトは業界三番手以降のイメージがありました。ただ、現在のメインのモデルにもなっているSPEEDER EVOLUTION(青)の辺りからイメージが変わってきて、取扱いが増えるようになってきました。

特に今年(2016年)の春に発売した、MCIブラックには衝撃を受けました。

今までスチール、カーボン限らずどのアイアンシャフトでも、ロングとショートのアイアンでは性能の差が大きく出ており、その差を埋める事は出来ていなかった。

MCIブラックは全ての番手でモタツキ感がなく、同じ振り感で振れる。ミスショット時の曲り幅も少なく、どんなスイングテンポのお客様でも対応できる今までのカーボンのイメージを変えてくれたシャフトです。今一番オススメできるアイアンシャフトです。

また、ゴルフ市場が抱えている問題に対しても、いちメーカーとして色々な営業の施策を行ったりしてくれているので、その点においても高く評価しているメーカーです。

 

一押しセッティングを教えて下さい!


MCIブラック+アキラプロダクツさんのKS601です。試打クラブもフルセットで準備しており、いつでも貸し出せるようにしています。このクラブを貸すとほとんどの確率で、このクラブに決まります。

 

 

 

最後にお客様に一言をお願い致します!

ウチみたいな工房は、入りにくいと思う方が多いと思いますが わからないことがあれば 説明しますので お気軽に来店ください(^o^)

店主 武 恵一

 

 

ショップ名:
Drop&Spin custom plus
住所:
〒116-0001
東京都荒川区町屋3-23-1 バトラーM102
電話:
03-6807-7333
営業時間:
13:00~21:00
定休日:
不定休
ホームページ:
]]>
Mon, 05 Dec 2016 15:48:58 +0900
<![CDATA[ミドリゴルフの青山さんによるレビュー!]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2016/11/24/110
ショップ名:
ミドリゴルフ
レビュー担当 :
青山 圭太
店舗の試打クラブ(シャフト&ヘッド) :
  100S + KS601 (AKIRA)

試打レビュー

打ってみた率直なインプレッション


ブラックの手強そうな見た目の印象とは裏腹に、通常のMCIよりもカーボンシャフトらしく軽やかに振っていけた。
 

従来のMCI やスチールシャフトとの違い

ロング~ミドルアイアンでの重量が軽い分「しっかり振らなきゃ…!」ってならずに、無理をしなくても高さ・飛距離が出すコトができる。結果、飛距離もちゃんとフローしてくれる。
 

重量フロー、バランスフローに対するショップ様の感想

個人的に長い番手のバランスは、メーカーさんの指標よりも重めで仕上げた方が打ち易かったりしたので、プレイ ヤーによってフローの度合いを臨機応変に組み上げるのがいいのかな~って思いました。

 

その他

1W・FW・UT・IRON・WEDGEまで流れるようにトータルでセッティングできるフジクラさん。次はパターでしょうか?期待しています!

 

ショップ名:

ミドリゴルフ
住所:
愛知県名古屋市緑区浦里3-170 ラフィネ浦里1F
電話:
052-891-8080
ホームページ:

http://www.midori.golf-hp.com/

]]>
Thu, 24 Nov 2016 16:53:21 +0900
<![CDATA[ナカミツゴルフの中満さんによるレビュー!]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2016/11/24/109
ショップ名:
ナカミツゴルフ
レビュー担当 :
中満 浩司
店舗の試打クラブ(シャフト&ヘッド) :
  80R/S + RODDIO / 100S + イズミゴルフ / 100X + TW727(本間)

試打レビュー

打ってみた率直なインプレッション


本当にロングアイアンが打ちやすい。

左に行きにくい。

振り抜いていけるので打感がものすごく良い。

従来のMCI やスチールシャフトとの違い


MCIに比べて軽く、柔らかく感じる。

スチールにはない撓りを感じる。

重量フロー、バランスフローに対するショップ様の感想

MOIスケールで測定しても大きな差がなく自身を持ってお客様に勧められる。

 

その他

是非50gか60gも発売して欲しい。女性、シニアほど売れそう。

カラーリング増やして欲しい。

 

ショップ名:

ナカミツゴルフ
住所:
鹿児島県鹿児島市易居町6−27
電話:
090-2583-2216
ホームページ:

http://nakamitsu.golf-hp.com/

]]>
Thu, 24 Nov 2016 16:35:18 +0900
<![CDATA[セガゴルフによるレビュー!]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2016/11/24/108
ショップ名:
セガゴルフ
レビュー担当 :
店主
店舗の試打クラブ(シャフト&ヘッド) :
  KS-601FH(AKIRA) #5 / ダブルエックスワン(ゴリラ) #6

試打レビュー

打ってみた率直なインプレッション


MCIもそうでしたが、スチールの良さとカーボンの良さがミックスした素晴らしいシャフトだと思いました。MCI BLACKは両方の良さをさらに高めていると思います。

従来のMCI やスチールシャフトとの違い

打感がカーボンとスチールの中位で良いです。MCIとの打感の違いは特にありませんでした。
 

重量フロー、バランスフローに対するショップ様の感想

MCI BLACKを使用していて安心感があると思います。
 

その他

個人的にはMCIよりもMCI BLACKを使用したいと思います。

 

 

ショップ名:

セガゴルフ
住所:
新潟県村上市緑町1-2-7 湊ビル1F
電話:
0254-50-1818
 
]]>
Thu, 24 Nov 2016 11:52:13 +0900
<![CDATA[ゴルフ工房ドリームワンの菅野さんによるレビュー!]]> http://www.fujikurashaft.jp/blog/2016/11/16/107
ショップ名:
ゴルフ工房ドリームワン
レビュー担当 :
菅野 竜
店舗の試打クラブ(シャフト&ヘッド) :
  80R + GI220 #6~P(カナモリ) / 100S + GI220 #6~P(カナモリ)

試打レビュー

打ってみた率直なインプレッション


最初の実感はカーボンシャフトなのに球筋をコントロールしやすいことにびっくりです。重量フローも当然ながら、しなり感がどの番手も揃っている感覚でした。ミドルアイアンでも充分に好きなボールが打っていけるシャフトだった。

従来のMCI やスチールシャフトとの違い


ショートアイアンでは正直そんなに違いが感じられないが、ミドルアイアンでの差はブレが少ないと思った。ショートアイアンで重いというよりも硬さが少し気になった。バランスの違いかなあと思う。
 
 
 

重量フロー、バランスフローに対するショップ様の感想

正直、バランス重視指定のお客様にはあまり推奨できないかなと思う。組み込む我々にとっては少し苦労するかと思う(数字だけ言うと・・・)。ヘッドの重量フローも、シャフトに合わせたものであれば良いけど・・・
 

その他

全番手の振り心地を一定にする上では素晴らしいと思った。

フィーリング重視のお客様には最適です。

 

 

ショップ名:

ゴルフ工房ドリームワン
住所:
宮城県黒川郡大郷町中村谷地際山5−28
電話:
022-359-3663
 
]]>
Wed, 16 Nov 2016 14:00:34 +0900