何回振っても曲がらずぶっ飛ぶ爽快感!!

待望の「Speeder EVOLUTION」の5代目がいよいよデビュー! シリーズの代名詞でもある“弾き感”をそのままに、最新テクノロジーを駆使して振りやすさを味付け。あらゆるゴルファーが強烈な弾き感と安定感、爽快感を得られるシャフトに仕上がった。クラブアナリストのマーク金井氏も「タイミングがとりやすいから誰でも気持ちよく飛ばせる!」と太鼓判を押す。

マーク金井試打インプレッション

「青空をイメージさせる鮮やかなコスメ。爽やかに飛ばすイメージを掻き立てます」とファーストインプレッションを語ったマーク金井氏。ワッグルをすると、手元側にトルク感と適度なしなりがあり、「タイミングがとりやすそうです」とコメントした。実際に打ってみても、そのイメージは変わらなかったようだ。「弾き感はあるのに、とにかく振りやすい!だから飛距離も出るし、方向も安定します」。安定感抜群の「Speeder EVOLUTION Ⅴ」は、弾き系シャフトの常識を覆すモデルだ。

マーク金井
マーク金井
1958年生まれ。大阪府出身。ゴルフ雑誌の編集経験を経て、クラブアナリストに。ハンデ3の腕前を活かしてクラブの試打、分析などを行い、雑誌をはじめ様々なメディアで活躍中。現在は、ゴルファーへのクラブフィッティングをはじめ、有名プロも使用する「ゴルフの竪琴」などの練習器具などのプロデュース、開発・販売も行っている。東京神田でゴルフスタジオ「アナライズ」を主宰。

マーク金井試打インプレッション

「Speeder EVOLUTION」は、Speederシリーズらしい強烈な弾き感が味わえるモデル。手元側にハリ感があるのが特徴で、ある程度スイングが確立しているプレーヤー、自分でタメをつくれるプレーヤーのポテンシャルを最大限に引き出してくれます。

一方、「EVO Ⅴ」は手元側にしなり感とトルク感があり、あらゆるスイングタイプのゴルファーがタイミングよくスイングして爽快に弾き飛ばせるモデルといえます。

中間部にしなりがあるものの、全体的にしっかりした剛性の「EVO Ⅳ」。シャフトに負荷をかけてもヘッドが遅れずついてきてくれるから、どんどん叩きたくなります。対して「EVO Ⅴ」は手元側だけでなく、全体的にクセがない素直なしなり感があり、シャフトのしなり戻りで球を飛ばすイメージです。どちらも弾き飛ばすシャフトですが、まったく異なるアプローチで“弾き感”を演出しているのがポイントです。

全スペック

「Speeder EVOLUTION Ⅱ」以降、歴代モデルに使用しているこの世でもっとも硬い超高弾性炭素繊維「90tカーボン」を「Speeder EVOLUTION Ⅴ」にも採用。また、東レ社製の高強度炭素繊維「T1100G」も使用して、ボール初速と加速感を最大化し、フジクラらしい強烈な弾きを表現した。さらに、設計自由度を最大限に上げる特許技術「MCT」、シャフトの無駄な動きを抑制する「アウター バイアス テクノロジー」などのテクノロジーで、ねじれとしなり戻りを一体化させることに成功。Speederらしい弾き感を維持しながら、抜群の振りやすさ、安定感を実現した。

スペック表