自分の打ち方に合ったシャフトが寄せワンの成功率をアップさせる!

ウェッジ用シャフトにも“しなり特性”の選択肢が必要だ
ゴルファーから好評を得ている次世代のアイアン用シャフト『MCI』。このシャフトにぴったりとマッチするウェッジ用のシャフトを作れないものか。そういった考えから開発されたのが、フジクラ初となるウェッジ専用シャフト『MCI SOLID』と『MCI MILD』だ。2つのモデルはどちらもウェッジ用として開発されているが、シャフトのしなり特性や、ゴルファーにもたらすフィーリングが大きく異なる。ゴルファーのスイングタイプによって選べる、これまでにない新しいウェッジ専用設計のシャフトだ。
スイングタイプ解説
開発者の激論から生み出された2モデルのウェッジ用シャフト

ゴルファーなら知ってのとおり、ウェッジでのアプローチはスコアメイクの生命線となる。自分がイメージしたとおりの球筋で寄せワンを取るためには、いったいどんなシャフトが必要なのか。フジクラでは、さまざまなプロトタイプのシャフトを製作し、スタッフが試打を繰り返した。しかし、その結果は意外なものだった。「こっちのシャフトのほうがラインを出しやすい」、「いや、絶対にこっちのシャフトのほうが寄せやすい」。試打するゴルファーによって、寄せワンを取りやすいシャフトのタイプが異なっていたのだ。

ドライバーやアイアンショットと同じように、ウェッジでのアプローチのしやすさも、ゴルファーのスイングタイプとシャフトのしなり特性の相性によって変わってくる。それが試打を繰り返して実証したフジクラの結論。しなり特性の異なる『MCI SOLID』と『MCI MILD』は、スイングタイプの異なる2人のフジクラスタッフの意見を反映して開発された。

『MCI SOLID』が寄せやすい!フジクラシャフト広報担当 甲斐哲平

スイングタイプ
手首を柔らかく使いながらヘッドをシャローに丸く動かして、フェースでボールを拾うように打つタイプ。フルショットでも、ほとんどターフをとらないのが特徴。アプローチでは、グリーン面にボールをソフトにランディングさせてピンに寄せるイメージ。
試打コメント
シャフトの手元が硬めで先端が動く『MCI SOLID』は、自分が思ったところにヘッドをスッと戻してくれる感覚があって、とてもフィーリングを出しやすいですね。逆に私が『MCI MILD』を使うと、タイミングを取りづらくてダフリのミスが多くなってしまいます。私自身はこれまで、スピンがよく掛かると評判のさまざまなウェッジ用シャフトを使ってきましたが、今回『MCI SOLID』を開発できたことで、自分のアプローチの打ち方に合っているのは先端が少し動いてくれる『MCI SOLID』だと確信できました。ドライバーのシャフトは先調子が好みなので、ウェッジ用のシャフトでも同じ傾向にあるようです。

『MCI MILD』が寄せやすい!フジクラシャフト営業本部 小代修平

スイングタイプ
ハンドファーストの状態で手首をロックしたまま、ボールを抑え込むように打つタイプ。フルショットでは、ヘッドを鋭角に入れてしっかりとターフをとるのが特徴。アプローチでは出足の速いボールを低く打ち出して、スピンでピンそばに止めるイメージを持っている。
試打コメント
アプローチでは、スイング中の左手甲の角度をキープすることを意識して、いつも低い球をイメージして打っています。そんな私には、『MCI MILD』のほうが圧倒的にフィーリングを出しやすいです。もともとドライバーのシャフト選びでも、手元がしなって先端がしっかりしたモデルが振りやすくて好みです。ウェッジ用シャフトでも同じで、シャフトの先端が動かない『MCI MILD』のほうが狙った球を打ちやすく、ラインを出してピンを狙っていけます。私の場合は『MCI SOLID』を使うと、トップのミスが多くなってしまいますね。アプローチのような小さいスイングでも、スイングとシャフト特性の相性が顕著にあります。
堀尾 研仁ほりお・けんじ
1971年4月16日生まれ。米国でデビッド・レッドベターに師事した後、2002年から日本でプロコーチとして活動を開始。東京の有楽町にあるインドアゴルフ施設「ビームス&ウィンズ ステーション ゴルフ&ランニング」内においてKEN HORIO GOLF ACADEMYを主宰し、アマチュアゴルファーにもレッスンを展開している。
SOLID or MILD 選び方
自分がやってしまいがちなミスを軽減してくれるモデルを選ぶ

『MCI SOLID』と『MCI MILD』を打ち比べると、こんなにも違うのかというくらいにフィーリングが異なるモデルに仕上がっています。『MCI SOLID』はシャフト自体に遊びがなくて、しっかり感と重量感があり、自分でヘッドを動かして球をつかまえにいけるモデル。対して『MCI MILD』はシャフト全域にしなりを感じ、しなり戻りで球をオートマチックにつかまえられるモデルです。

『MCI SOLID』と『MCI MILD』のどちらを選ぶべきなのか。自分のスイングタイプに合っていて、自分がイメージした球筋のボールを打ちやすいかで判断するのが得策です。

ゴルファーのシャフトの使い方や相性は、スイング軌道や持ち球によって大きく変わります。インサイドからヘッドを入れてフェースターンさせてドローを打つタイプのゴルファーは、手元にしっかり感のある『MCI SOLID』のほうがコントロールした球を打ちやすく感じるでしょう。それとは対照的に、カット軌道にヘッドを入れてフェースターンをあまり使わないゴルファーであれば、シャフトのしなりを使いやすい『MCI MILD』のほうが扱いやすいと思います。

自分のスイングタイプを判断しづらい場合は、自分がやってしまいがちなミスを軽減してくれるほうのモデルを選ぶのも有効です。ヘッドのリーディングエッジが芝に刺さってチャックリのミスが多い人なら、『MCI SOLID』がオススメです。シャフトが動いてヘッドを前に出してくれるので、ウェッジのソール面を使いやすくなるからです。逆にヘッドがボールの下をくぐるダルマ落としのミスが多い人は、シャフト先端の動きが少ない『MCI MILD』を選ぶといいでしょう。

スペック紹介
MCI SOLID / MCI MILD
MCI SOLID / MCI MILD