MCI SOLID/MILD

スイングで選ぶ

ウェッジシャフトもスイングタイプで選ぶ時代!

「MCI SOLID/MILD」はアプローチのスイングタイプでシャフト選ぶという新たな着眼で開発しました。
アプローチのスイングは大別すると、ショットの延長でヘッドを自然に動かして打ちたい人には,
手元から先端まで一体感のある動きが特長の「SOLID」。
フェースローテーションを抑えてスクエアなインパクトで打ちたい人向けには
先端剛性を高め穏やかな動きが特長の「MILD」。
どちらも「MCI」「MCI Black」とのマッチングも考え2タイプのカラ―を用意しております。

MCT®(Metal Composite Technology)

カーボンシャフトは、スチールシャフトに比べると手元重心になり、クラブのスイングウエイトに影響を及ぼします。改善するために先端に繊維を多く巻くと剛性が高くなり、フィーリングを損ねる弊害があります。"MCT"の開発により、シャフト重心位置の調節とカーボンシャフトの特長である”滑らかな動き”によるコントロール性の高さを両立することが可能となりました。

 ※MCTは藤倉ゴム工業株式会社の登録商標です。

Metal Composite Technology(MCT)

2015年度グッドデザイン賞を受賞!!

MCIが、「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しました。「ゴルフスイングの精度をあげる為に重要な機能であるシャフトだが、構造がシンプルなだけに進化するのが難しい分野である。
にもかかわらずMCI(Metal Composite Technology)の独自の開発で、繊細な重心位置設計を可能にし、オリジナリティを生み出すことに成功している」点が評価されています。

2015年度グッドデザイン賞を受賞!!

-ウェッジ用シャフトにもゴルファーの特性に合わせた性能があるべき-

製品コンセプト

本製品を開発するにあたり、現在市場で販売されているウェッジ用シャフトを分析しました。
結果、硬さやキックポイントといった物性に一貫性がないことがわかりました。
そこで、ウェッジ用シャフトもスイングタイプで選べるべきであるという新たな着眼点により、スイングタイプが真逆の、二人のスタッフの声を反映させながら開発をスタート致しました。

「MCI SOLID」に向いているスイングタイプ

シャフトは、手元から先端まで一体感のある動きの先中調子。
手首を柔らかく使いながらヘッドをシャロ―に丸く動かして、フェースでボールを拾うように打つタイプ。
このスイングタイプのゴルファーは、フルショットでも、ほとんどターフをとらないのが特徴。
アプローチでは、グリーン面にボールをソフトにランディングさせてピンに寄せるイメージのゴルファーに向いています。

「MCI MILD」に向いているスイングタイプ

シャフトは先端剛性を高め穏やかに動く中元調子。
ハンドファーストの状態で手首をロックしたまま、ボールを抑え込むように打つタイプ。
このスイングタイプのゴルファーは、フルショットでヘッドを鋭角に入れてしっかりとターフをとるのが特徴。
アプローチは、出足の速いボールを低く打ち出して、スピンでピンそばに止めるイメージのゴルファーに向いています。

「MCI MILD」に向いているスイングタイプ

コスメティック

MCI

MCI SOLID Silver

MCI

MCI SOLID Black

MCI

MCI MILD Silver

MCI

MCI MILD Black

MCI
MCI

スペック

4月15日発売

スペック表
モデルフレックス製品長重量トルクTip径/テーパー長Butt径調子曲率分布曲線価格
MC85
WEDGE
SOLID 35.5 87.0 2.6 9.05/40mm※ 15.15 先中 ¥8,000
(税抜)
MILD 88.0 2.5 15.20 中元
MC105
WEDGE
SOLID 108.0 2.4 15.25 先中 ¥9,000
(税抜)
MILD 108.0 2.3 15.30 中元
MC125
WEDGE
SOLID 124.0 2.2 15.35 先中 ¥12,000
(税抜)
MILD 125.0 2.1 15.40 中元

※本モデルはテーパー仕様のみです。
・価格はメーカー希望小売価格です。組み立て費、グリップ代は含まれていません、
・バット径はバット端部から150mm。