トップアマvs有名クラブコーディネーター
有識者コメント
ROMBAX TYPE-S 全スペック

ヘッドが走り飛距離がアップ!左へのミスが出ないのが嬉しいシャフト

2009年の加茂カントリークラブのクラブチャンピオンの柳本さん。ハンディキャップは現在4という腕前だが、再びクラブチャンピオンを目指すために、ドライバーの飛距離と精度をもっと向上させたいと考えている。そこで中井プロが柳本さんに薦めたのがフジクラの「ROMBAX TYPE-S」。以前「ROMBAX X」は使用したことがある柳本さんはどのように感じたのだろうか。
【柳本さん】「かなり気持ちの良いシャフトですね。フジクラさんのシャフトはスピーダーを代表されるように先端が走るというイメージを以前から持っていました。自分はチーピン系のミスが出るので、どうしても先が走り過ぎるシャフトは怖くて使えなかったんです。それが思い切って振っていっても左へのミスというのがほとんど出なかった。驚いたのは、スイングしているときに先(ヘッド)が走っている感覚がしっかりあるのに、左へのミスがほとんど出なかったことです」。
【中井プロ】「そうなんです。もともと敏感に動くタイプのシャフトの作り方には定評のあるフジクラさんですが、このROMBAX TYPE-Sはヘッドが走ってくれるのに左にはいかないという安心感があるんです。おそらくランバックスシリーズの中で最も人気が出るシャフトではないかと思います。柳本さんのような上級者から、ある程度スイングがかたまっていてさらなる上を目指そうという上昇志向の強いゴルファーには最適のシャフトだと言えます。」
【柳本さん】「いつもの自分の弾道よりも高かったのですが、球質的には吹け上がる感じはしなかったですね。滞空時間が長くなったというか、前に飛んでいる感触がありました」。
【中井プロ】「これもこのシャフトの特徴で打ち出しは高くなるのに、適正スピン量をボールに与えてくれるので、キャリーが伸びてくれる。これはドライバーだけでなくフェアウェイウッドに入れても素晴らしいパフォーマスを発揮してくれるシャフトだと言えます」。

フェアウェイウッドにも入れると最高のクラブセッティングができる

練習場で「ROMBAX TYPE-S」に好感触を持った柳本さんは、いつもクラブの相談をしているクラブコーディネーター・鹿又さんのもとへその足で向かった。初めて打ったシャフトがここまで自分のスイングにマッチした理由を鹿又さんに説明してもらった。
【柳本さん】「このROMBAX TYPE-Sは、球が楽に上がってくれて、実際に飛距離は伸びていたし、何よりも安定感が素晴らしかったんです。このシャフトの特性ってどのような感じなんですか」。
【鹿又さん】「ROMBAX TYPE-Sは柳本さんに合いそうだと思っていました。柳本さんはトップの切り返しのときに、少しヘッドを遅らせて、それでヘッドを走らせたいタイプですよね。そういう人はよく動くシャフトは毛嫌いするものなんですが、このシャフトは全体の剛性のバランスが素晴らしく、つかまえたいときにはつかまってくれて、スイング的に少しつかまらない振り方をしてしまったときは、シャフトがつかまえてくれる魔法のようなシャフトなんです。もうひとつこのシャフトの良い点が、どんなヘッドにも相性が良いということ。要するにドライバーに入れるとスピード感がある性質が出て、ファウェイウッドに入れると、しっかり感が出てくるんです」。
【柳本さん】「そうなんです。中井プロに言われて、実際にフェアウェイウッドに入れているものを試打したんですが、今度は走るというより粘り感が出てきたんです。先端をカットしていないということを聞いてさらに驚きました」。
【鹿又さん】「重心距離が違うわけですからドライバーとフェアウェイウッドの両方と相性がいいシャフトってほとんど無いんですが、このROMBAX TYPE-Sはどちらにも合うんです。ドライバーに70グラム台を入れて、フェアウェイウッドには80グラム台を入れるなど重量フローさせて組めば、統一感がありながら、それぞれのクラブの特性を活かしてくれるクラブセッティングができあがるんです」。

撮影協力:鶴舞カントリー倶楽部

堀尾研仁氏

1971年生まれ。デビッドレッドベターに師事し、ゴルフティーチングの世界に入る。2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動を開始。現在まで国内男子、女子の多くのツアープロと契約して指導をしている。
KEN HORIO GOLF ACADEMY»

金谷多一郎氏

1960年1月2日生まれ、日本大学ゴルフ部では主将を務める。84年にプロ入り、87年伊香保国際オープン優勝。現在は、トーナメント解説からレッスンまで、テレビ雑誌を中心に活躍中。

関雅史氏

PGA公認ティーチングプロ、クラブフィッターという2足のワラジを履き、東京で「ゴルフフィールズ」を経営。クラブフィッターとして多くのアマチュアゴルファーへのアドバイスを行っており、ゴルフレッスンは個人レッスンで月延べ140人、クラブフィッティングは年間で300人以上を見てきた経験と目で確かな実績を得ている。
ゴルフフィールズ»

ROMBAX TYPE-S 振りやすさと安定した飛距離を実現!!