Speeder EVOLUTION Ⅱ

はじき屋、現る

金属を複合して"EVO"の弾きに安定感をプラス

最大の特長は「MCI」でも採用されている金属をコンポジットするフジクラ独自のテクノロジー
「MCT®」をグリップ下に採用した点です。手元側に重量感を持たせたことで、
スイング中に手元が浮いてしまう動きを抑制。インパクトで長く球を押すことができ、
分厚い当たりを実現しやすくなります。また、グリップ側に金属を使用していることで、
中間部にしなりを感じ、タイミングがとりやすい挙動に。もちろん、超高弾性の90tカーボンや
東レ㈱社製「T1100G」を採用して、EVOの"弾きの遺伝子"を踏襲しています。

MCT®(Metal Composite Technology)

グリップ下に"MCT"を採用することで、トップからの切り返しでタメが作りやすく、インパクトゾーンで手元が浮くのを抑えることができる。スピードにのったしっかりとしたインパクトを実現。

MCTとは

カーボンの設計自由度を最大限に発揮するための重心調整技術。フジクラシャフト独自の最新テクノロジーで、カーボンと金属の複合化が可能に。

※MCTは藤倉ゴム工業株式会社の登録商標です。

Metal Composite Technology

超高弾性90tカーボン

スイング中の操作性の高さと強いインパクトによる弾きを両立するため、この世で最も硬い『90tカーボン』を採用。振りやすいだけの中調子シャフトではなく、インパクトの圧倒的な強さを高いボール初速に置き換えることにより、高い飛距離性能を実現。

東レ新素材「T1100G」

東レにより、弾性と強度を両立したマトリックス樹脂技術を用い開発された、高弾性・高強度の炭素繊維「T1100G」を採用。東レ「T1100G」の複合により、加速感と弾きの最大化を実現。

東レ新素材「T1100G」

テスターの声

  • EVOよりも走る感じがする。

    (60代男性)

  • 当たった時に球が強い。

    (50代男性)

  • 今までのSpeederシリーズの中ですごい振りやすい。

    (40代男性)

  • タイミングとりやすい。

    (40代男性)

  • インパクトで押せる感覚がある。

    (30代男性)

  • デザインがカッコいい。オレンジが良いね。

    (50代男性プロ)

  • 切り返しのタイミングがとりやすい。

    (40代男性プロ)

  • スピンの少ない強い弾道で飛ぶ。

    (20代女性プロ)

  • インパクトでボールを捕まえてくれる感じ。

    (20代女性プロ)

  • スイング中のヘッドの位置が分かり易い。

    (20代女性プロ)

コスメティック

Speeder 474 Evolution2

Speeder 474 EvolutionⅡ

Speeder 569 Evolution2

Speeder 569 EvolutionⅡ

Speeder 661 Evolution2

Speeder 661 EvolutionⅡ

Speeder 757 Evolution2

Speeder 757 EvolutionⅡ

Speeder Evolution2

 

スペック

Trajectory 

弾道

弾道
Course of the ball 

球筋

球筋
Shaft type 

シャフトタイプ

シャフトタイプ
スペック表
モデルフレックス製品長重量トルクTip径Butt径調子曲率分布曲線価格
SPD474 EVOⅡ R2 47.0 49.5 5.1 8.50 14.95 ¥40,000
(税抜)
R 49.5 15.00
SR 51.0 15.05
S 52.5 15.10
SPD569 EVOⅡ R 56.5 4.2 15.05
SR 58.5 15.10
S 59.5 15.15
X 61.0 15.20
SPD661 EVOⅡ SR 67.5 3.8 15.15
S 69.0 15.20
X 70.5 15.25
SPD757 EVOⅡ S 77.0 3.2 15.30
X 78.5 15.35

※価格はメーカー希望小売価格です。組み立て費、グリップ代は含まれていません。
※バット径はバット端部から150mm。