PGAツアー発の叩き系シャフト「VENTUS」シリーズが新ステージへ
トッププロのフィードバックで
生まれた元調子系
VENTUS
BLUE
&
VENTUS
BLACK
おさらい
VENTUS BLUE
PGAツアーで使用率No.1を獲得――。そんな目標を掲げ、2019年からPGAツアーでプロモーションをスタートしたのが「VENTUS」シリーズ。PGAツアーのトッププロがシャフトに求めたのは、ティショットでのフェアウェイキープ率アップ。近年はスイングスピードが向上し、ボールのバラつきを抑えることに重点を置くプレーヤーが増えてきた。そんな彼らのニーズに応えるべく、「VeloCore Technology」を採用して先端の動きを抑制し、低トルク化。叩きにいってもスピンが増えすぎず、かつボール初速が上がるシャフトを開発した。
VENTUS BLACK
これまで日本で発売されていた「VENTUS」シリーズは2モデル。『VENTUS BLUE』と『VENTUS BLACK』だ。どちらも、PGAツアーでのトッププロの声を元に、飛距離とコントロール性を両立した元調子系シャフトではあるが、味付けが若干異なっている。『VENTUS BLUE』は、先端剛性が高く、中間から手元側の剛性を抑えたモデル。中元調子系で叩けるフィーリングが特長だ。一方、『VENTUS BLACK』は「VENTUS BLUE」の先端剛性の高さを維持しながらも、中間から手元剛性を高めた元調子。より叩ける仕様のため、バックスピン量を抑え、低く力強い弾道を実現しやすい。
「VENTUS」ユーザーの
ツアープロコーチ5人が
NEW MODEL
試打
VENTUS BLUE ユーザーの
黒宮、中島コーチは
力強い挙動
分厚い当たり
絶賛
「『VENTUS BLUE』より手元にしっかり感があり、叩いてみようという気持ちになる」とコメントしてくれたのは、『VENTUS BLUE』ユーザーの黒宮幹仁コーチ。叩きにいった時でも、シャフトがたわみすぎず、フェース向きが変わらないから方向性、安定性を担保しながら飛ばしにいけるという印象を持ったようだ。黒宮コーチは、ヒールヒット時、トゥヒット時の寛容性についても言及した。「オフセンターヒットした時でも、エネルギーロスが少なく、初速やミート率が高いです」と語ってくれた。中島敏雅コーチは、「『VENTUS BLUE』と『VENTUS BLACK』のちょうど中間のようなフィーリングが特徴」とその印象を語る。特に好印象だったのは、フェードを打った時のスピン量。「一般的なシャフトでは、カット目に入れると球が吹けて距離が出ないケースが多いですが、このモデルはスピン量が増えすぎず、ドローを打った時と距離がほとんど変わりません」。球筋をコントロールしたい時でも、スイングに余計な細工をせずにシンプルに打っていけると『VENTUS TR 』を評価した。
黒宮 幹仁
Mikihito Kuromiya
1991年生まれ。ジュニア時代に松山英樹、石川遼らと切磋琢磨。現在は、「KUROMIYA Golf Academy」を主宰。現在は、松田鈴英らを指導
中島 敏雅
Toshimasa Nakajima
1972年生まれ。02年の久光製薬KBCオーガスタで2位Tの実績。14年に「ゴルフアカデミー中島」を設立した。現在は、西村優菜、吉本ひかるらを指導
VENTUS BLACK ユーザーの
青木、目澤、奥嶋コーチは
振りやすさ
ミート率高さ
驚愕
「手元から中間は『VENTUS BLACK』よりも動き、『VENTUS BLUE』よりもしっかりしている」と語るのは『VENTUS BLACK』ユーザーの青木翔コーチ。切り返しでシャフトがしなる感覚があり、「頑張らなくても振れる」と高評価。また、程よいつかまり感があり、打ち出しも高めという点から、「フェアウェイウッドに挿すと打ちやすくなりそう」と語ってくれた。目澤秀憲コーチは、『VENTUS TR』の振りやすさを絶賛する。「良い意味でシャフトが遅れて下りてくるから、タイミングが取りやすく、ヘッドスピードを簡単に上げられます」。手元の軟らかさを感じることができ、先端の動きが抑制されているため、幅広いゴルファーにハマりそうな印象を持ったそうだ。「スペックを合わせれば、ヘッドスピード40ⅿ/sくらいのゴルファーでも扱えるシャフト」というのは、奥嶋誠昭コーチ。「ダウンスイングでは粘るフィーリングがあり、コントロール性が高い印象。また、インパクト手前辺りでは先端から中間が加速する感じもあります」。操作性の高さだけでなく、ミート率、初速の高さから、飛距離性能の高さも感じたようだ。
青木 翔
Sho Aoki
1983年生まれ。渋野日向子の海外メジャー制覇や三ヶ島かなの国内メジャー制覇をサポート。現在は、野澤真央らを指導
目澤 秀憲
Hidenori Mezawa
1991年生まれ。高校時代は埼玉アマ7位などの実績。日大ゴルフ部卒業後、TPIレベル3の資格を取得。現在は、松山英樹、河本結、有村智恵らを指導
奥嶋 誠昭
Tomoaki Okushima
1980年生まれ。「ノビテック・ゴルフスタジオ」でレッスンを開始。最新機器を使った分析、レッスンが好評。現在は稲見萌寧、高橋彩華、木下稜介らを指導
3次元モーションキャプチャシステム
「enso」で分析
独自素材採用
さらに安定した
強インパクト
PGAツアーのフィードバックを元に、コントロール性と飛距離性能を両立して登場した「VENTUS」シリーズがさらに進化を遂げた。同シリーズの特徴でもある叩けるフィーリングはそのままに、『VENTUS BLUE』よりも手元や中間部の剛性を高く、『VENTUS BLACK』よりも手元、中間部の剛性を抑えて設計されている。歴代「VENTUS」シリーズとの違いは、フジクラ独自の3次元モーションキャプチャシステム「enso(エンソ)」主導の分析を取り入れたこと。また、最外層に独自の開繊クロス材を採用したことだ(「Bi-axial Spread Tow material」)。中間層の捩じれと曲げの剛性を高めることが可能になり、『VENTUS BLUE』や『VENTUS BLACK』でも採用された「VeloCore」テクノロジーとの相乗効果で、さらに安定したインパクト、弾道が可能になる。
モデル FLEX 製品長
(inch)
重量
(g)
トルク
(deg)
TIP径
(mm)
BUTT径
(mm)
調子
VENTUS
TR BL 5
R 46.0 58.0 3.5 8.5 15.40 中元
S 58.0 3.3 15.40
VENTUS
TR BL 6
S 68.0 3.1 15.40
X 68.0 2.9 15.40
VENTUS
TR BL 7
S 77.5 2.9 15.40
X 78.5 2.7 15.40